SAP ジャパン株式会社

SAPの安定稼働を実現する高可用性
ソリューション

ソリューション概要

基幹システムであるSAPには、BCPを意識した十分な障害対策が必要です。
サイオステクノロジーでは、SAP Netweaver 7.xにおける認定(NW-HA-CLU 750)と、S/4HANAにおけるHAクラスターの認定(S/4-HA-CLU-1.0)を取得しております。

SAP-certified-logo.png

SIOS Protection Suite for LinuxはSAP NetweaverやSAP S/4HANAにおける障害時の自動検知・自動復旧を行い、障害対策を自動化。安定した事業継続をサポートします。

SAP向け高可用性ソリューション資料のダウンロード

SAP NetWeaverの単一障害への対策と HANA への対策を紹介しています。

資料ダウンロードはこちら

SAPユーザーの課題と対応方向性

ケース1:HANAの停止

ケース2:NetWeaverの停止

HANAはインメモリー型のデータベースであり、単体での運用時に障害が発生すると、復旧の過程でメモリーロードが数十分~数時間要してしまい、RTO(目標復旧時間)が致命的に大きくなってしまい、業務に大きな影響が出る。 NetWeaverのASCSおよびSCSで使用するデータベースは単一障害点となるため、ロックを含めたトランザクションが無効化されてしまう可能性がある。 
img_sap01.png img_sap02.png
予め待機系ノードのメモリーにデータを
複製した上で、障害時の自動検知・
自動切り替えにより復旧時間を大幅短縮
冗長化して単一障害点をなくし、
自動復旧させて障害対策を自動化
 

SAPの障害対策ソリューション

HANAでの対策

NetWeaverでの対策

img_sap03.png img_sap04.png
HANAの持つデータ同期機能の
HSR(HANA System Replication)と
LifeKeeperによる監視・自動切換えにより
復旧時間を大幅に短縮
冗長化し、Lifekeeperによる監視と
自動復旧により障害対策を自動化し
BCP対策を実現

導入事例

技術情報リンク

SAP向け高可用性ソリューション資料のダウンロード