日本マイクロソフト株式会社

Azure上でのHAクラスターの
構築パターンとその特徴

近年、ミッションクリティカルな基幹システムのAzure移行が増えています。
クラウドに移行後も安心して基幹系システムを利用するには、システム障害への対策が必要です。

システム障害を自動で検知・自動で復旧するLifeKeeperは、Azureでの導入実績も豊富。
ビジネスを止めないために、Azure上での障害対策はLifeKeeperにおまかせしてみませんか。

これを読めばわかる!
サービスの高可用性をAzureクラウド上で実現する方法

Azureの可用性セット・可用性ゾーンといった高可用性サービスの解説資料をダウンロードいただけます

Azure関連資料ダウンロード

WSFC+DataKeeper構成の特徴

img_azure-dkce.png

DataKeeper Cluster Edition (DKCE)とWindows Server Failover Clustering (WSFC)を連携させることにより、ネットワークを介してレプリケートされたローカルディスクをWSFCの共有ディスクとして扱うことができるソリューションです。

本来WSFCは動作要件に共有ディスクが必要になります。DKCEはローカルディスク同士のブロックレベルのリアルタイム同期により、論理的な共有ディスクとしてWSFCに認識されます。これによりオンプレミスと同じ感覚でAzure上でHAクラスターを構築できます。DKCEを使うことで、オンプレミスでWSFCを組める方は、そのナレッジを最大限活かして最小限のご負担でAzure上でもWSFCを構築できます。

1

低コスト

クラスター機能はWSFCを使うため、別途商用ソフトウェアを購入するコストが削減できます。

2

豊富な導入実績

金融・製造・医療など業界を問わず選ばれています。海外での導入実績も豊富です。

3

マルチAZに対応

Azureの可用性ゾーンをまたいだ構成をサポート。広域障害時でも確実に復旧できます。

WSFCとDataKeeperの連携について詳しく見る

LifeKeeper +DataKeeper構成の特徴

img_azure-lkdk.png

1

Linux環境に対応

Linux環境で基幹系システムを利用している場合でも大丈夫。LifeKeeperとDataKeeperはLinux環境にも対応しています。

2

ARKで簡単構築

OracleやSQL Serverなどの主要アプリケーションごとに、HA化するアプリケーションの動作を制御する専用のスクリプト集(ARK)をご用意。安心で簡単な構築が可能です。

3

マルチAZに対応

Azureの可用性ゾーンをまたいだ構成をサポート。広域障害時でも確実に復旧できます。

Azureの導入事例を見る

Azure関連資料ダウンロード

Azure商談事例集やAzureの可用性サービスに関する資料をダウンロードいただけます。

Azure関連資料ダウンロード