富士通株式会社

FENCE-Mail For Gateway

FENCE-Mail For Gatewayとは

FENCE-Mail For Gatewayは、社内メールサーバとインターネットの間に設置してメールを暗号化するゲートウェイ型の暗号化ソフトです。あて先などに応じて自動的にメールの添付ファイルを暗号化します。
ゲートウェイ型なので、既存メール環境に手を加えずに導入が可能です。

メール環境がWebメールやNotes/Dominoの場合でも利用可能です。暗号アルゴリズムにはAES(256ビット)を利用し、自己復号形式のファイルとして暗号化します。暗号化の形式としてはZIP形式も選択でき、あて先によって切り替えられます。復号用のパスワードはゲートウェイが自動生成(長さや文字の種類は選択可能)し、送信者に通知します。自動的に受信者に通知するように設定することも可能です。あらかじめ固定的なパスワードを登録することもできます。

富士通のFENCE-Mail For Gatewayのページを見る

業務を止めない、メールゲートウェイ

HAクラスター・ソフトウェアLifeKeeper for Linuxと連携することにより、可用性に優れた高信頼なメール暗号化システムを提供いたします。
具体的には、稼働系とは別に待機系サーバを用意して冗長化します。LifeKeeperが稼働系サーバのトラブルを検知すると、自動で待機系へ切り替えるます。これによりシステム障害によるダウンタイムを短くし、業務への影響を最小化します。

solution_img_soft_06.gif