LifeKeeper for Linux / Single Server Protection for Linux v9.6.2 リリースのご案内

製品リリース情報

LifeKeeper for Linux / SIOS Protection Suite for Linux / Single Server Protection for Linuxの最新バージョンである、v9.6.2がリリースされました。

製品受注・出荷開始日は 2022年9月21日です。
各製品の詳細情報は下記の通りです。

新機能・機能変更

  • Azure共有ディスクのサポート
    Azure共有ディスクを可用性ゾーン内の共有ストレージとした構成をサポートしました。
  • Generic ARK for Load Balancer probe reply(GenLB)を、正式なApplication Recovery Kit(ARK)として製品に同梱
    現在Web サイトで配布されている Generic スクリプトであるGenLBは、
    本リリースで製品純正のARKとして製品に同梱されるようになりました。
    製品と共にインストールされ、ユーザーが簡単にインストール、使用できるようになります。
  • STANDBY NODE WRITE PROTECTION機能を追加
    ディスクリソースの remove 処理と OSUquickCheck 処理で、
    ディスクデバイスおよびそのディスクのパーティションデバイスを read-only に設定することで、
    意図しないアクセスによるデータ破損を防ぐことができるようになりました。

追加されたサポートソフトウェア、環境

v9.6.2において新規にサポートされたソフトウェア、環境は以下の通りです。

[サポート対象OSの追加] 

  • RHEL 8.6 ※
  • Oracle Linux 8.6 ※
  • Miracle Linux 8.4
    ※カーネルの問題により、データレプリケーション構成における非同期モードはサポートされません。

サポートソフトウェアの追加、サポート環境の追加(v9.6.1 追加サポートを含む)はありません。

Single Server Protection v9.6.2の新規サポートOS・ソフトウェア

 [サポート対象OSの追加] 

  • RHEL 8.6
  • Oracle Linux 8.6
  • Miracle Linux 8.4

サポートソフトウェアの追加、サポート環境の追加(v9.6.1 追加サポートを含む)はありません。

製品メディアのダウンロード

出荷開始日以降、LifeKeeperビジネスパートナーの企業の方は、メディアのダウンロードが可能となります。「製品メディアのダウンロードとご利用上の注意」をご確認のうえ、ご利用ください。

メディアダウンロード

製品メディアのダウンロードとご利用上の注意

なお、ご利用いただく場合にはLifeKeeper/DataKeeperユーザーポータルにログインするためのアカウント登録が必要となります。ご登録がまだの方はこちらから申請ください。

LifeKeeper/DataKeeperユーザーポータル申込

修正されたBug情報と修正内容に関しては、受注開始日・出荷開始日の2022年9月21日にLifeKeeper/DataKeeper User Portalに掲載されるTechnical Update Informationおよび、ドキュメントサイトに掲載されるリリースノートをご参照ください。