LifeKeeper for Linux / Single Server Protection for Linux v9.5.2 リリースのご案内

製品リリース情報

LifeKeeper for Linux / SIOS Protection Suite for Linux / Single Server Protection for Linuxの
最新バージョンである、v9.5.2がリリースされました。

製品受注・出荷開始日は 2021年8月11日です。
各製品の詳細情報は下記の通りです。

新機能・機能変更

  • CLIの更なる機能強化
    v9.5.0から提供してきた機能強化されたCLI機能ですが、本バージョンではSAPやWebsphere MQなど、複数のRecovery Kitにおいて新たに拡張されたCLIが利用できるようになりました。詳しくは、オンラインドキュメントをご参照ください。

  • スタンバイノード監視機能の強化
    v9.4から提供してきたスタンバイノード監視機能ですが、本バージョンではNASやマルチパス RKにおいても利用できるようになりました。詳しくは、オンラインドキュメントをご参照ください。

追加されたサポートソフトウェア、環境

v9.5.2において新規にサポートされたソフトウェア、環境は以下の通りです。

[サポート対象OSの追加] 

  • Red Hat Enterprise Linux 8.4
  • Oracle Linux 8.3
  • CentOS 8.3
  • Oracle Linux 7 UEK R6(*)
  • Oracle Linux 8 UEK R6(*)
  • SAP HANA support for RHEL 8.2
  • SAP HANA support for SLES 15.2
  • WebSphere MQ 9.2 for RHEL 7.9, 8.3

以下のOSはv9.5.1で追加サポートされています。

  • Red Hat Enterprise Linux 7.9, 8.3
  • Oracle Linux 7.9
  • CentOS 7.9
  • SAP HANA support for RHEL 8.1
  • SAP HANA support for SLES 12.5

 * UEKについては、カーネルバージョンが5.4.17-2102.202.5 以降のものに限ります。

[サポート対象ソフトウェアの追加] 

  • MariaDB 10.5

以下のソフトウェアは v9.5.1 で追加サポートされています。

  • PostgreSQL 13
  • EDB Postgres Advanced Server 13.0
  • FUJITSU Software Enterprise Postgres 12
  • SAP HANA2 SP5
  • SAP S/4HANA 2020

[サポート対象環境の追加] 

  • スタンバイノードヘルスチェックプローブに応答する機能の追加

Microsoft Azure の Load Balancer、Google Cloud Platform の Cloud Load Balancing を利用した構成に対して、任意のポートでスタンバイノードヘルスチェックプローブに応答する機能を追加しました。

ARK製品の販売終了

[販売終了となる製品] 

  • Software raid (MD) ARK
    ※本製品を適用できるのはv9.5.1までです。v9.5.2及びそれ以降のバージョンではご利用になれません。

SIOS DataKeeper for Linux とカーネルモジュール不具合修正ドライバの同梱

いくつかの Linux リリースで Linux Kernelのmd/raid1カーネルモジュールに起因する不具合が見つかりました。v9.5.2リリースではこの不具合対応として修正ドライバを同梱しています。

この不具合は、DataKeeperの部分再同期が行われた場合に、Target側(待機側)のデータに破損が生じる可能性がありました。カーネルに起因するものですが、ご提供する修正ドライバは DataKeeper 製品の一部として弊社にてサポートいたします。

また、我々の調査結果および修正内容をLinux Kernel開発コミュニティに提供し、カーネル側が正式にこの問題を修正できるよう協力いたしました。コミュニティ版の Linux kernel では v5.13 で修正されています。各ディストリビューションで提供されるLinux kernel においても、以下のリリースで同等の修正が行われたことを確認しています。

  • Red Hat Enterprise Linux 8 : 4.18.0-305.3.0
  • SUSE Linux Enterprise Server 12 SP 5 : 4.12.14-122.74.0
  • SUSE Linux Enterprise Server 15 SP 2 : 5.3.18-24.67.1
  • Oracle Linux 7 UEK5 : 5.3.18-24.67.1

現時点で確認できていないこれ以外のディストリビューションについては、修正を確認後随時LifeKeeper/DataKeeperユーザーポータルにて公開します。

各種約款の条文追加・変更について

民法改正に伴う約款要件の変更などに対応するため、以下約款における条文の一部追加・修正を行います。発効日は2021年8月11日です。

[対象の約款]

  1. LifeKeeper / DataKeeper スタンダードサポート約款
  2. LifeKeeper製品 Premiumサポート約款
  3. LifeKeeper製品 拡張Premiumサポート約款
  4. LifeKeeper / DataKeeper サブスクリプション・ライセンス サポート約款

[主な変更点] 

  • サイオスから一方的にサポート終了できるケースに「(5)反社会的勢力であること、反社会的勢力と取引関係があること、又は反社会的勢力を利用した活動をしていること」を追記。 ※[対象の約款]2,3のみ
  • 秘密保持を負わないケースとして、「甲又は乙が独自に発表したもの」ではなく「甲又は乙が独自に開発したもの」に修正。
  • 約款の有効開始年月と1週間以上の予告期間をもってホームページにおいて通知するという変更方法を追記。

製品メディアのダウンロード

出荷開始日以降、こちらのサイトよりメディアのダウンロードが可能となります。
「製品メディアのダウンロードとご利用上の注意」をご確認のうえ、ご利用ください。

メディアダウンロード

製品メディアのダウンロードとご利用上の注意

なお、ご利用いただく場合にはLifeKeeper/DataKeeperユーザーポータルにログインするためのアカウント登録が必要となります。
ご登録がまだの方はこちらから申請ください。

LifeKeeper/DataKeeperユーザーポータル登録申込

修正されたBug情報と修正内容に関しては、受注開始日・出荷開始日の2021年8月11日にLifeKeeper/DataKeeper User Portalに掲載されるTechnical Update Informationおよび、ドキュメントサイトに掲載されるリリースノートをご参照ください。